発達障害とは

脳の働きのパターンは人それぞれです。

それが個性として現れるのです。

 

発達障害は、普通の子どものように順調に発達していかないことを意味しており、

他の子よりも個性が強いために、行動を理解するには「一工夫」必要なこともあります。

 

発達障害の子どもは、「障害」という言葉から、「他の子と同じようにはできない

というイメージを抱きがちですが、発達障害のある子は、不器用なこともあれば、

他の子よりもはるかにできることもあります。

 

そのパターンに他の子と違いがあるのです。

 

例えば、LD(学習障害)の子は、字を呼んだり、字を書いたり、計算したりすることが困難です。

ADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもは、興味の湧かないことに注意し続けたり、

行動をコントロールするのが苦手です。

 

また、自閉症アスペルガー障害の子は、コミュニケーションをとるのが苦手なことが多いです。

 

しかし、一方で、こだわりが強いことはありますが、目で見たものを記憶したり、

あることについては大人以上の知識を持っていることもあります。

 

発達障害とまではいかなくても、コミュニケーションの苦手な人や、

学習面が得意でない人というのはいます。

 

発達障害は個性の延長線上にあるともいえるのです。

その個性の強さのために、家庭や学校での生活、

学業や仲間関係の構築に困難を感じる場合、発達障害と呼ばれることになるのです。

 

そもそも、発達障害のひとつである、ADHDは日本語で

「注意欠如・多動性障害」、LDは「学習障害」と訳されていますが、

この「障害」という言葉があるために、誤解を招いています。

 

「ADHD」は、「Attention Deficit Hyperactivity Disorder」の

「ディスオーダー」という単語を「障害」と訳してしまったことに原因があります。

 

本来、「ディスオーダー」とは、「日常生活を行う上での多少のハンディ」という意味合いです。

「障害」といった極端な問題があるような意味ではないのです。

 

ですから最近では、発達障害のことを、「発達アンバランス症候群」と呼ぶべきだという声が増えてきています。

発達障害の人の脳は、普通の人と比べて能力がアンバランスであり、

できないこともあれば、逆によくできることもあるからです。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL