発達障害とは?個性?

6歳の息子が先日発達障害だと診断されました。

診断名がつきとてもショックでした…。

 

二才年上の姉と比べると小さいころから言葉が遅い子だなと心配はしていました。

ただそれは一般的に女の子のほうが言葉の発育は早く、

男の子はゆっくりしていると周りからも言われていましたし、私自身も気楽に考えていました。

 

ただ二才を過ぎてもまだ二語文ほどしか出ず、周りのお友達と比べるとだんだん焦りもありました。

三才児健診で言葉の発育についてチェックがいれられ

二週間に一度近くの病院で言葉の教室で練習するようになりました。

 

その際言語療法士さんに別の病院で発達障害等の有無を調べた方が良いとアドバイスを頂き

診察をしたこともありました。

その時点ではまだ三歳でしたし、結果的にはグレーゾーン。

まだわからないという診断でした。

 

四才になり私の仕事の都合で言葉の教室に通えさせることができず、

しばらく訓練とは離れていましたが定期的に市で行われている言葉の相談に伺っていました。

そこで別の病院にて言葉の訓練をしているところがあるので

そこに通った方が良いとアドバイスを頂き現在訓練に連れて行っています。

 

三歳の時に通っていた病院よりも今通っている病院の方が

まずはじめにいろいろ診察をしてくれそこで発達障害だと診断されました。

現在教えてくれている先生曰く息子は落ち着きのない、多動が入っているといわれました。

 

私としては確かに椅子に落ち着いて座っていないし、

先生の話を最後まで聞けず言葉をさえぎることもあるけれど、

男の子はこんなものかなと感じていた部分もありましたし、

実際息子が通っている保育園からも指摘もされたことがなかったので

青天の霹靂といいますがただただ驚きました。

 

ただもうすぐ小学校にあがるので少しでも周りに迷惑がかからないよう、

息子がお友達と同じようにいろんなことができるよう訓練を受けることにしました。

実際同年代の子と比べるとやはり幼いと感じる部分もあるので心配は心配です。

 

春より通う予定の小学校の先生にも息子の状況を説明しお願いにも参りました。

その際学校の先生には「発達障害というものはない、それは息子君の個性だ。

個性を伸ばしながら一緒に子育てをしてきましょう」と力強いお言葉を頂きました。

それでも少しでも息子が周りのお友達と仲良く学校生活を送れるよう

小学校に上がってからも訓練を続けていこうとは思っています。

 

数年後あのとき心配したけど大丈夫だったと思えるよう

今息子にしてやれることは親として一緒に頑張っていきたいと思っています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL