注意欠如・多動症・衝動性の特性

注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、

年齢に見合わない注意欠如・多動症、

衝動を抑えられない発達障害です。

 

この障害の具体的な特徴は、忘れっぽい・集中力がない・落ち着きがない・

思いついたら考えずに行動してしまうなどです。

ここではADHDの概要について説明します。

 

まずは診断についてです。

上で述べたADHDの特性は、

小さい頃には誰にでも観察されることで、

成長する過程で改善していきます。

そのため小さいうちの診断は難しく、

医師による時間をかけた慎重な判断が必要となります。

 

ADHDの最大の問題点は、その子が周囲と折り合いがつかず、

生きる上で好ましくない環境を生み出してしまうことです。

ADHDの理解のない環境においては、他の子に乱暴をしたり、

静かな場所で騒いでしまったりすると、周囲から「しつけのできていない子」と見られ、

その子が集団生活の中で孤立した状態になってしまいます。

 

ADHD自体は命にかかわる障害ではないので、

むしろADHDによって生み出される周囲の環境の方が問題になります。

 

そのためADHDの治療は、可能な限り注意欠如・多動性・衝動性の頻度を少なくし、

ADHDを自身の個性であると考え、その子らしく環境に溶け込むことが目的となります。

 

注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、その行動特性だけみると、

学齢期の子ども10人に1人がかかえているというデータがあります。

注意欠如・多動症、衝動性は個性であるという、周囲の理解が積極的に求められています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL