広汎性発達障害とは

広汎性発達障害とは、自閉症スペクトラムと呼ばれることもあり、

社会性の発達の遅れを中心とする発達障害の総称です。

 

スペクトラムとは、連続体という意味です。

自閉症やアスペルガー症候群、ADHD、LDといった発達障害をそれぞれ個別に考えるのではなく、

重なり合う連続したものとして扱うのが、自閉症スペクトラムというものです。

 

このような捉え方をすることによって、障害名にこだわることなく、一人一人に現れている特性を観察し、

それを元に、その子に合った決め細やかなサポートが可能になるのです。

 

次に、広汎性発達障害の「広汎性」の意味は、「社会性の障害」、「コミュニケーションの障害」、

「想像力の障害」という、広汎な領域の発達障害を同時に生じ

さらに「多動」や「手先の器用さ」などにも発達の乱れを生じることが多いということです。

 

広汎性発達障害の中にも、いくつかの種類があり、代表的なものは自閉症です。

他にも、LD(学習障害)、

ADHD(注意欠陥多動性障害)、

アスペルガー症候群(高機能自閉症)

などの発達障害があります。

 

昔は、知的に遅れがないのに、対人関係で問題を起こしたり、

特定の学習面での著しい遅れがあるような子どもたちは、単に、「困った子ども」として扱われてきました。

 

しかし、現在では、その「困った行動」は、しつけやわがままから起こしているのではなく

脳の中で起こっている何らかの機能障害に原因があることがわかってきました。

 

こうした子ども達に最も必要なことは、周囲の理解と支え、そして教育なのです。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL