50代で発達障害傾向があると診断されて

個性的だね、とか変わってるねと言われることは、誉め言葉と

ずっと、ずーーっと思っていました。

 

結婚した時も、『若いから、常識にとらわれないんだね』を、

言葉どおり受け取っていた自分が変だと思ったことはありませんでした。

 

今思えば、幼稚園から大学に至るまで『友達』が出来なくても

不思議に思わなかったのが不思議と思います。

一人でいる方が楽でしたので、一人を楽しみ自分が変と思いませんでした。

それでも結婚できました、何故かと言われてもわかりません。

 

しかし結婚十年がすぎ二十年がすぎ。

義理実家との関わりが強くなるにつれ、

そして自分の年齢が『若いから』で言い訳ができなくなってきて。

『空気が読めない』と指摘されて『あれ?』と思いました。

 

その後、専業主婦でいるのが世相的にも、家庭内的にも、心地が良くない状況で、

アルバイトの面接という社会との接触で、バイトの面接で落とされる直面が続き

さすがに、『自分はなぜ社会から拒否されるのだろう?』という疑問を持ち始めました。

 

しかし、そう思った直後、アルバイトですが採用されました。

嬉しかったです。

一生懸命働こうと思いました。

 

しかし、採用された事務職(パソコン作業含む 自学でそこそこ知識と操作できていました)で、

『使えない』と言われ現場に配置転換されました。

確かに、慣れない作業を時給相当できていないと自覚はありしたし、

現場でも作業させてもらえるなら、ありがたいと思いました。

自分的には一生懸命だったんですが、

現場の物づくりの流れ作業の速さについていけないのです。

 

三日たち、一週間たち。

普通の方はそれでちゃんとコツを飲み込めるんですね。

真面目に一生懸命やれば、報われると信じていたんです。

でも、自分が器用な『日本人』という枠から外れていることを、

四十代でようやく思い知りました。

 

『ここはあなたのボランティアの場所でない』

人生でこれほどきついと思った言葉はありませんでした、

自分が『まとも』だと信じていましたから。

 

このアルバイト後、ほぼ引きこもり主婦で生活していました。

専業主婦ですと『引きこもり』であるのと、

区別つかないのが隠れ蓑になっていたのは否めません。

 

先日、義理実家で不幸があり、親せきの方との付き合いを回避しようがない状況で、

ようやく『話すのが怖い』『空気が読めないから、何も言えない』

そういう状況でようやく思いました。

発達障害の疑いを自覚しました。

 

先日、精神科に行きました。

『障害といえるか微妙な正常範囲のアスペルガー傾向』という診断でした。

ごく最近、診断されたので、今後どうすればいいのか、全然わかりません。

だって『正常』らしいです。

 

しかし、企業的には『ボランティア活動していない』から、働くのを拒否されます。

引きこもれば、社会のお荷物でしかないわけです。

どうすれば、いいのでしょうね?

社会に出れば邪魔ですし、引きこもればそれも社会のお荷物な『正常』な人間だそうです。

 

現在は実人間と関わらないでお仕事出来る内職に挑戦中です。

どうなるんでしょうか?自分の未来がどうなるのか?

何もわかりません。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL