知り合いの発達障害について

僕の知り合いが発達障害と躁うつ病の重複障害であることが疑問に思っています。

なぜかというと頭も良いし、口達者であるので

その知り合いが発達障害というのは当てはまるところが見当たらないので疑問に思っています。

躁うつ病の症状も見当たらないのでそれも疑問であります。

 

僕にしたらその知り合いは軽度の神経症くらいにしか感じられないので

障害年金とかを貰っているのは不思議なくらいです。

 

昔その友人はパソコンの仕事もしていたし営業みたいなこともしていたと言っていました。

そんな人が発達障害なんか信じられないです。

 

自分の知らないところで病気が重いのを気づいていないのかもしれません。

発達障害は普通の人とは見わけがつかないところもあると聞いています。

 

昔洗い物の仕事をしていた時に

発達障害と統合失調症の重複障害を患っている同僚がいたのを思い出します。

その子は仕事は遅いし、簡単なことが覚えられないみたいです。

その子を見ているとなるほどなあとは思いますが

最近知りあった人は同い年ですが健常者とあまり劣ることは見つけられないです。

 

ネットで調べても人見知りもするとか物覚えが悪いとか

得意な分野はずば抜けているとか書いていましたが

どこが発達障害なのかはその知り合いの主治医しかわからないことだと感じています。

 

未だに発達障害と知的障害の区別がわからないところがたくさんあります。

軽度の知的障害でしたら一般企業でも働いている人たくさんいます。

僕らの子供の頃から発達障害はあったのかは分かりませんが

名前が違いうだけで存在していたのかもしれません。

 

精神障害の中でも僕自身厄介な障害は発達障害なのかなあと思っています。

昔の精神障碍者は顔を見ただけどこの人精神だなあと思っていましたが

今は医療も発達しているし薬も治療もいいので20代で元気になる人も多いみたいです。

 

メンタルの病気はだれでもなる可能性はありますが

発達障碍者の場合は生まれて間もないころには分かるみたいなどで

子供の発達障害のサポートも充実してきていると思います。

 

障がい者は個性のある人が多いので得意分野で能力発揮できるみたいなので

就職率も上がっていると思います。

芸能人の発達障がい者も多いと聞いています。

栗原類さんもカミングアウトしたみたいなのでこれからの発達障害も進歩していくと思います。

 

大人になって発達障害だと分かるケースもたくさんあります。

僕が何年か前に福祉職員の人が発達障害の人はあまり関わらない方がいいと言われました。

今となっては去年知り合った発達の人がややこしいことがわかったので教訓になりました。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL