発達障害と障害者雇用について

発達障害者の就職のために、「障害者雇用」はとても重要です。

障害者雇用促進法という法律があり、

『障がいを抱えている方にも働ける機会を与えるために、

企業ごとに働いている労働者の数に応じた法定雇用率を設定して、

事業主が法定雇用率を達成する義務を課すよ』

と規定されいます。

これによって、企業で障害者を雇用しようとする動きが活発になりました。

発達障害者もその例外ではありません。

 

実際に、企業では障害者を雇用するために、

本人に合わせた環境や業務を準備できる体制づくりを進めているところもあります。

発達障害者の方向けの配慮を例に挙げると、周りに人が少なく集中できる作業環境を準備する、

仕事の手順で混乱しないように作業をひとつひとつわかりやすく記載した手順書を準備する、

通院の日は会社を休みにしてもらうようにする等、

本人に合わせて対応してくださる企業も増えてきています。

 

でも、その一方で、「障害者雇用は会社が全部合わせてくれる」

ということではないことを理解しなければなりません。

会社側は、可能な限り苦手なところを配慮してくれますが、それにも限度はあります。

その限度を超える配慮が必要な方は、採用することはできないのです。

 

こういった就職の際に、本人と企業の間に入って条件や希望を調整してくれる機関があります。

「障害者就業・生活支援センター」です。

このセンターでは、障がいを抱える方の就職の支援と働いてから長く働けるようなサポートを

ハローワークと連携して行っています。

このセンターは地域ごとに配置されているので、

就職活動を行うときには一度相談し活用してみるのもいいかもしれません。

 

また、就職直後に早く会社に慣れるように支援してくれる「ジョブコーチ」という方もいらっしゃいます。

ジョブコーチは、主に就職直後の支援が中心で、当事者と企業双方にアプローチしながら、

就職直後の時点で当事者に働きやす環境整備や助言をします。

実際、本人の就職直後、新たな環境で働くストレスや戸惑いは大きく、

受け入れ側の企業・職員にとってもそれは同様です。

「早い段階に、いかに環境を整え周りの理解を得るか」は大きな問題で、

これを解決するために動くのがジョブコーチになります。

 

他にも就職をサポートしてくれる機関はさまざまあります。

その中で、必要なものを必要な時に選びながら利用していくことが、

就職するために、また長く働くために重要だと考えます。

無理に利用する必要はありませんが、覚えておくと後に役立つかもしれません。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL