意外と多い身近にいる発達障害

発達障害はここ数年で広まったもので、日本ではあまり浸透していないと聞いています。

軽度であれば、誰にでも当てはまるほど症状が多いからです。

実際、どういう障害なのか知っておいた方が良いと思い、講演会と自助会に参加したことがあります。

 

日本は発達障害の認知が世界に比べやや遅いと懸念されていました。

発達障害は一言で説明出来ないほど症状が多いのも問題なのかもしれません。

 

私の周りにいる発達障害と診断された人は初見では全くわかりません。

けれど、数回会うと診断された理由がわかってきます。

 

身体が勝手に動いてしまったり、軽度であれば「個性」で済まされるかもしれませんが、

社会に出ると本人の生活に支障をきたすことがあるようです。

 

意外と発達障害と診断された人は身近にいます。

友人の弟も重度の発達障害と診断され、友人がうつ病になるほど困っていました。

成人してからは症状が悪化していく一方で、壁はドンドン叩くし、気に入らないと癇癪が酷いらしく、

専門の施設に入所すると決めたそうです。

 

「弟を施設に入所させたことに後悔したけれど、それ以上に安心した」

と話してくれました。

家族だからこそ負担は大きかったと思います。

他人だから簡単に言えるのかもしれませんが、

専門の施設に入所出来て本人にとって良かったのではないかと思います。

 

成人してからの発達障害者は周囲が苦労します。

苦労をかけている本人も本意ではないはずです。

家族である友人が自分を責める必要はありません。

 

一昔前は許されていたものが今の社会には合っていないだけの話なので、

本人・家族だけでなく周囲にとっても福祉制度を利用した方がいいです。

 

利用した方が良い理由は他にもあります。

他人が迷惑するような事件に繋がってしまうケースがあるからです。

本人にとって悪気はなくても、相手にとって迷惑行為になってしまうことが多々あると聞きます。

 

私自身、付きまとわれ、結果として警察沙汰になってしまいました。

本人は良かれと思っての行為でしたが、私にとっては迷惑でした。

ハッキリ伝えても時間が経つと都合よく解釈されてしまいます。

発達障害によくみられる「強いこだわり」が衝動性となって出てしまうと止められません。

何を言っても無駄です。

 

けれど、この「強いこだわり」がある分野で天才と高く評価されている方も多いのは有名です。

スポーツや芸術など、想像以上に多くの方が活躍されていることに驚きました。

活躍されている人は少ないかもしれませんが、障害が強く影響しているのは間違いありません。

だからこそ「発達障害は個性であり障害ではない」という人が多いのかもしれません。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL