子供の発達障害で気づいた、大人の発達障害

子供が育てにくく、一般的な子育てが通用しないと本当に悩んでいました。

そして、同じような症状を持つ大人がいることに気が付いてしまいました。

それは「夫」です。

 

本人が自覚のある症状なのですが、時間の把握ができず、遅刻が多いのです。

毎日、遅刻しているという訳ではないと、夫は言いますが、

暗黙の了解で「最低でも5分前」ということが身につかないのです。

「1分前でも、会社に入っているのだから遅刻ではない」と、言い張ってしましたが、

それは社会的には通用しないのです。

いつもギリギリなのが、そのうち週に1度遅刻し、月に4回ほどの遅刻になったことが続いた時は、

さすがの上司も困り、「解雇」の話も出てしまうほどです。

 

解雇の話が効いたのか、1分前に出勤ということはなくなりましたが、

自宅を出発する時刻は、ギリギリかオーバーしていることが多く、アクセル全開の危険運転での出勤です。

余裕を持って行動することは、未だにできません。

本人曰く、「どんなに早く起きても、時間に間に合わない」ということです。

 

お金の管理も難しく、持っている分を使い切り、借金をしてしまいます。

いくら持っていても借金をしてしまいます。

使うのは、たばこと飲料が主ですが、たばこを買うお金がないと、会社の人から借りてしまいます。

500円とか1000円と、少額を借り、そして小遣いがある時に返し、

足りなくなるとまた借りてを繰り返していました。

 

私が「何かを節約して、会社の人から借りるのをやめてほしい。」と言うと、逆ギレしてきます。

お金を思い通りの額まで出さないのが悪いという言い方をして、

こちらが出すまでしつこく、ひどい言葉をガンガン浴びせてきます。

 

子供にお金がかかるのを気にせず、教材費もたばこに使ってしまう状態です。

それでも足りなくなると、子供の小遣いからも借りてしまいます。

子供の小遣いをたばこに使うのはさすがにマズイと思い、ストップをかけると、次はカードキャッシングです。

返す期日になってくると、「無いものは返せない」と、逆ギレで大暴れです。

家庭内なら問題ないと、貯金箱や財布からも勝手に使ってしまいます。

バレるまで、黙って使ってしまうのです。

 

無くしものもひどく、無くしては買ってを繰り返し、同じものがいくつもあったりします。

ライター・毛抜き・自宅の鍵・薬。使った時にあったところに戻してくれたら済む話なのですが、戻せません。

言ってもダメ、一緒に片づけて見やすくしても無駄でした。

 

自分の思い通りに進むまで威圧をかけ、暴力的になり、最後は逆ギレ。

これを繰り返しています。

自宅の壁も八つ当たりで殴った穴だらけ、家具の破壊もひどいものです。

気持ちの整理がつかず、言わずにはいられなくて、人間関係も綱渡りです。

家庭内外、どちらでも孤立することも何度もありました。

 

相手の表情を読み取れないことも原因でした。

「間違ったことは言っていないから、言って何が悪い」と、何でも平気で言ってしまいます。

 

同じ状態の子供を抱えていることで、夫が発達障害を持っていることに気が付きました。

正確な診断を受けているわけではありませんが、子供の相談に児童精神科へ行ったときに

「可能性がかなり強い」と言われたのです。

 

金銭・時間・物・気持ち。

これらをうまくコントロールできないので困っているのですが、本人もどうにもなりませんでした。

ちなみに、子供はADHDとアスペルガー症候群を抱えています。

夫は、子供と同じ症状を抱えています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL