大人のADHD

思春期になるにつれ、ADHDを持っている人も、

だんだんと落ち着きのなさ等の症状が目立たなくなります。

 

子どもの時にADHDだった人の3分の1程度は、思春期頃までにはその症状がなくなり

次の3分の1の人は多少症状が残るものの、それほど目立たなくなり、

大人になっても症状が残り生活が困難が生じる人は、残りの3分の1だと言われています。

 

個人差はあるものの、大人のADHDは、子どもの場合と比較して、

多動性は弱まり、不注意が目立つという傾向にあります。

 

子どもの頃の落ち着きのなさは成長とともに目立たなくなるのに対して、

物忘れや集中力の持続困難など不注意の面が、仕事上や家庭生活で目立ってくるのです。

 

また、多動性は子どもの時に比べれば治まるとはいえ、

貧乏ゆすりや、ペンを回すといった、何気ない癖となって表れることはあります。

 

しかし、本人の知的な能力も高い場合、個性の範囲だとされ、

ADHDだという自覚がない場合も多いものです。

 

ADHDの人は大人になっても、身の回りを片付けることができなかったり、

最後まで仕事をやり遂げることができずに投げ出してしまうようなことがあります。

こうしたことが周囲の人は理解ができず、

怠け者、仕事ができない人というレッテルを貼られてしまう結果になります。

 

また、会社ではなんとか切り抜けられても、夫婦関係や子育てに支障をきたすケースは多いです。

ADHDの人は毎日同じことを繰り返すのが苦手ですし、

感情的になりやすい面もあるため、家庭内で爆発してしまうことがあるためです。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL