大人の発達障害の人との悲惨な体験談いろいろ

私は10年以上前に、ネットで初めてアスペルガー症候群や

高機能自閉症、発達障害について知りました。

それまでに人間関係で色々悩んでいたことのほとんどが、

大人の発達障害由来であることも分かりました。

なので、診断を受けたというわけではありませんが、

大人の発達障害の人に対しての色々な経験について書いてみますね。

 

してはいけないこと、例えば非常ベルを押してはいけない、

と書いてあるとどうしても押したくなるというのがあるそうですが、

相手が嫌がることが分かっていても、言いたい、したい、というのがあるようです。

 

顔にほくろがあって気にしているのに、必ずほくろの話をする。

初めて会った髪がアフロみたいなごわごわの女の子に、

髪がちょっとねえ、くくってあげたらとか言う。

 

目の前にいる孫を無視して、その場にいない他の孫がかわいい話ばかりする祖母

 

姪が自分で焼いたシュークリームやアップルパイを出されて(おいしいんですが)、

きぃ~っと悲鳴を上げ、褒めるどころか自分も作れる、

という話ばかり焦ってしゃべりまくる叔母

 

自分の子供が自分の妹に懐くと、本気で嫉妬して妹に嫌味や嫌がらせしたり怒鳴る姉

 

自分の息子がたまたま遊びに来た妹の娘と仲良くすると、

本気で心配して妹の娘に息子に近寄るなと警告した伯母とか

 

浪人してやっと旧帝大へ入学したのだが、

突然3つ上の従姉に今でいうマウンティングか、ちょっとしたことで切れて

これでもかというほどの暴言を吐き、ケロッとしている高機能自閉症の男、

母親もその場にいたが、息子をたしなめることすらせず、

その後従姉が来なくなったのに、なぜ来ないんだ?と不思議そうに何度も聞いたとか。

 

同じく就職をして一人前になったと思ったのか、

ものすごい暴言を吐かれて距離を置いた人もいました。

 

いい年をして、なんでもかんでも人と比べては自分が上でないと気が済まない、

機嫌悪くなる貧乏ゆすりばかりしていたおっさんとか

 

相手の話をよく聞かず、自分の意見と言葉に置き換えて人に話すので、

次に他から聞いたときはまったく別の話になっているというおばさんとか

 

第三者がいると普通の態度だが、他に人がいないと、

私が話しかけても返事もせず目線も合わず、従って会話も成り立たず、

別人のように冷たい態度になる女性とか

 

面白い話しようと言って自分の話ばかりして、なにも面白くないのに一人で笑って、

次にこちらが話をすると、まったく無視して耳を貸そうとせず、

オウム返しとかでごまかしてしまう不思議な人とか

 

自動車の運転を教えてやるとか、ドライブに連れて行ってやるとか、

電車賃を出してあげるから遊びに来いとか、

庭の果実を送ってあげるとか、

会話の中でも、手紙に書いたことでも、普通はそれを約束と言いますよね。

だけど、それを信じて待っていても何も来ませんし、

いつ教えてくれるのかと電話してもそれどころじゃない、

電車賃の話はケロッと忘れていて「出してあげられればいいんだけど」という始末です。

 

外国にいて一時帰国して我が家へ1週間泊りがけで来たとき歓待した人に、

いつでも家へ遊びにいらっしゃいと言われたのを信じたが、

これもやはり、行っていいかと連絡したら来ないでと言われましたね。

ショックでした。

 

当時は自分が悪いのか、自分に約束を守る価値がないから、

話をするメリットがないからかと悩みに悩みましたが、

普通の人のように演技をするのがきついので、

どうでもいい人の前では演技をしないのだとわかりました。

 

それにしても、彼らはほとんど私の親戚の人なんですが、

赤の他人とも約束を守らないのでしょうか?


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL