大人の広汎性発達障害職場での対策

大人の広汎性発達障害は

最近意外に多い傾向にあります。

 

本人も自身の障害に気が付かないで

他の人と自分自身は何処か違うと感じながらも

ストレスをため働いているという事が多くあります。

 

企業としても障害については気が付かず

入社試験などでは成績優秀だから優秀な人材だろう

と考え採用したとする企業も多いです。

 

この発達傷害は知的なことには何も障害はないのです。

ただ社会性として重要な人間関係の形成がが作りにくいのです。

しかし本人は悪気もないし

どちらかというと良い人間関係を作りたいと考えていることが多いのですが

人の表情や少しの言葉から

その人が伝えたい内容が読み取ることができにくいのです。

 

だから本人は自分自身は他の人ができることができないと

悩んでしまう事が多いのです。

 

職場の対策として、指示や予定や計画は

できるだけ明確に伝える事が大切です。

また社会ではよくある予定の変更ですが

広汎性発達障害の方にとっては、ちょっとした変化ではなく大きな変化です。

できるだけ前もって連絡したり

また理由もできる限り伝えると誤解が生じにくのです。

 

1つの個性としてとらえるとその人の能力を引出しやすく

職場や企業にとっても貢献できる能力を秘めた人材だと言えます。

 

本人の対策としては気が付かないで悩んでいるだけではなく

専門医や公共の相談センターなどに悩みを相談してみると

日頃のストレスが解消して今後自分自身で対策を立てできる事などを教えてくれます。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL