大人の広汎性発達障害の私

現在30代後半です。

2年ほど前に、私が広汎性発達障害と診断されました。

広汎性発達障害と診断される前から、私は精神科に通院して躁鬱病と医者に診断されていたのですが、

発達障害という診断が近年、流行っているのかそう診断されました。

 

幼少期より周りの子供達に比べて、「落ち着きがない」、「緊張感が強い」、

「不安感が多い」、「こだわりが強い」という傾向がありました。

幼稚園の頃から馴染めず登園拒否をしていました。

小学校の時から登校拒否をしており、中学校は5日で不登校になりました。

その後、家族が中学校の先生に相談し、中学校の先生が児童相談所の職員に相談して

「児童養護施設で登校拒否児が、学校に行けるプログラムを組んだ施設があるので、

そこに行ってみてはどうか?」と提案し、家族の元を離れて児童養護施設に入所しました。

 

児童養護施設でも、緊張感や不安感、こだわりが強く落ち着きがない私は、

上手く学校に馴染めず通えずで不登校になりました。

当時は発達障害という言葉もなく周りの理解も殆ど無かった為、周囲からは怠け者とよく言われていました。

半年程、施設にいましたが何回も脱走を試みて、

結局、施設内での児童同士での暴行等に巻き込まれ、身の危険を感じ脱走しました。

 

脱走後は家に戻り、不良等が私が施設から帰ってきたとの事で、よく不良や不良登校拒否児と遊んでいました。

しかし、家族が不良との交流を懸念して、不良との交流を避けるために、

市区町村が作った登校拒否児が通える教室に通う用に手配し、そこに通いました。

中学時代は殆ど勉強をせずに卒業しました。

 

高校は夜間の定時制に通いました。

高校も登校拒否になると思っていましたが、

辛い時に背中を押してくれる親切な友人がおり、なんとか卒業できました。

 

高校卒業後はアルバイトをしたり正社員で働いたりしていました。

しかし仕事は長くは続かなく仕事をしては辞めて、家に引きこもるという生活をしました。

ちゃんと人並みに物事をしようとすると、結果的に失敗体験が増え

自信が無くなるという悪循環に入ってしまいました。

 

現在は市区町村の相談機関等を利用し、出来るだけ心理的サポートを受け、障害年金で生活しています。

貧乏なので出来るだけ働いてお金を稼ぎたいのですが、

体調の波が激しく、人との約束等を守りにくいので、家で引きこもって生活しています。

寝たきりの状態が多く生活不活性病や鬱状態になりがちです。

また、ナーバスになりがちだと良くないので、

たまに、市区町村で設けられたデイケアや発達障害者の居場所等に通ったりしています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL