大人のアスペルガー症候群の特徴

大人のアスペルガー症候群とは

どのような特徴があるのかについて説明します。

 

(1)アスペルガー症候群の人は対人関係がうまくできないという特徴があります。

深い人間関係を築くことができません。

人間関係を築くことに対しての欲求が希薄であるといえます。

何をするにしても1人でやることを好みます。

人と会話することも苦手です。

自分が言いたいことを相手に対して使えることができません。

同時に相手が言いたいことを読み取ることもできません。

その場の空気を読むこともできないので、

平気で場違いな言葉を発したりしてしまいます。

相手と強力して何かをするということできません。

常に自分勝手な行動をとってしまいます。

 

(2)アスペルガー症候群の人は、一つのことに異常な興味を示すという特徴があります。

自分に興味があることに労力と時間を費やします。

あまり意味のないものをカタログ的に収集するといった特徴があります。

また自分なりの順序や習慣などがあり、

そのとおり行なわなけらば気が済まないという融通性のない特徴があります。

このような特徴があるため、社会生活を贈るうえで周囲に迷惑をかけてしまします。

 

(3)アスペルガー症候群の人は、感覚や知覚といったものが異常であるといえます。

あることには異常に敏感であったり、他のことには鈍感であったりします。

食べ物に関しても好き嫌いが激しく、かなりの偏食になっています。

また気分的な部分についても異常性がみられます。

急にハイテンションになったり、突然落ちこんだりと

気分の浮き沈みが極端です。

 

アスペルガー症候群の人には以上のような特徴があり、

通常一般人では考えられないような行動をとる場合が多く、

社会生活を贈る上でかなりの障害となっています。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL