何時に起きても間に合わないし、時間の組み立て方が甘い。

パートナーがいつも時間に間に合わない。

遅刻ができない現場が当たっている時、アラームを早くセットして就寝する。

翌日になって、セットした時刻にアラームは容赦なく鳴るが、全く起きない。

古い携帯電話のアラームは数分ごとに10個以上セットされている。

3分ごとに10回以上鳴るので、起きるまでに30分以上かかるのです。

自分の起きたい時刻の30分以上前にセットして、何度寝もする予定を立てているので、

当然、この後の時間が厳しくなる。

そうすると、準備も遅くなり、出発がギリギリならいい方で、明らかに間に合わないだろうと思うこともあるが、

本人は、「タイムカードが遅刻ではないから遅刻になってはいない」と言い張っている

暗黙の了解の社会では、1分前についたらマズイと思うのだけど。

 

反対に、緊張感があって、早く目が覚めているときもある。

時間に余裕があると、スマホでネットゲームをしながら布団の中で過ごしている。

時間の早い時のゲームのイベントに参加しているのだ。

早く起きた分、準備を早くしたらいいのに、それができない。

自分の中のギリギリの時間まで、ネットゲームを進めている。

そして、準備の時間が足りなくなって、結局はギリギリになってしまうのです。

ちょっとしたことでイライラして八つ当たりしながらの身支度です。

 

出勤中の車の運転は、アクセル全開で、いつ事故死してもおかしくない状況。

事故を起こしたことがないのが自慢で、絶対に間に合うと自信満々です。

一人での単独事故ならいいけれど、他の車と人を巻き込むことは考えていない。

とにかく、周りのドライバーが遅いから悪いと言い張って、全開走行で出勤している。

どんなに早く起きても、寝坊をしても、なぜか時間が足りなくなるのです。

自分の出勤準備しかしていないのにも関わらず、余裕をもって出勤することがない。

 

仕事だけではなく、プライベートの待ち合わせも間に合わない。

待ち合わせの時刻に、自宅でシャワーを使っているような状態です。

待ち合わせ場所にいないので、電話は鳴りっぱなしです。

それを放置して支度を整えて出るのです。

何度も注意をしたり、声をかけて促しても、全く改善されることがないのです。

 

かと言って、年に数度だけ、時間の組み立てが上手くいって、待つ立場になるとそれはそれで大変です。

「人を待つなんて、冗談じゃない。」といったところでしょうか。

いつも、相手を待たせていることは、すっかり抜け落ちています。

「人を1分たりとも待ちたくないが、待たせるのは全然平気。」のようです。

 

子供も同じような状態です。

子供が発達障害と診断されたとき、パートナーも同じ状況なので、

もしかしたらそうなんじゃないかと気づいたが、もう、修正は不可能だと思ってます。

何年たっても、何度言っても、改善できませんでした。

言わない方がいいと思い、何も言わないことにしました。

自分でも言っていたことがありました。

「何時に起きても、間に合わないんだよ!(怒)」と。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL