自分の駄目なところは、アスペルガーのせい?

多分私はアスペルガー症候群かもしれません。

うつ気味で病院に通っていますが、

担当してくれる先生が発達障害よりも精神疾患が得意分野のせいか、

私にはっきりとした診断はくだっていません。

 

今思えば小学校のクラスの中で時々暴れたりする子が1人いて、

もしかしたらあの男の子と隣のクラスにいた女の子は学習障害なのかな、と思います。

その時は知ってる言葉は知的障害ぐらいで、

アスペルガー、ADHD、発達障害という言葉までは知りませんでした。

 

私は中学までは勉強は出来る方でした。

そのため友達付き合いが苦手でも学校生活に大きな支障がでることはありませんでした。

 

高校にも進学しましたが、親と部活、受験の3つに挟まれて中学3年生の頃から精神的に調子が悪くなり、

進学した高校が大学受験を第一に考える方針だったこともあり、

大学受験をするつもりがなかった私はだんだんと学校生活についていけなくなりました。

向精神薬を飲んでぼーっとして、リストカットをして毎日過ごして、

高校3年生の頃からは週に1日登校して後は引きこもりになっていました。

 

そこそこの偏差値がある高校だったからでしょうか、

じめじめの病みまくりオーラが出てて薬の副作用でしょっちゅう授業を爆睡している私でも、

ありがたいことに周りの友達に変わり者だといじめられる事はありませんでした。

だからこの時も病んでいる事だけに注意が向いていました。

 

高校卒業後は「このままではこの子は引きこもりになる」と判断した母親に、

月に数万円お金をいれなさいと言われ、バイトを始めました。

その時は希望したバイトの部署が埋まっていて、一番やりたくなかった接客業になりました。

この時から自分が今まで自覚する事無かった発達障害に当てはまるような症状が出始めました。

 

まず空気が読めません。失礼な事も平気で考えずに言ってしまいます。

混雑状況を把握して、休憩時間を考えるのができません。

その日の売り上げの予測をして商品を準備する事ができません。

言われた事をそのまんまやってしまい、優先順位も自分ではわからず他の人に怒られてばかりです。

 

今でこそ発達障害の症状なのかなと思いますが、

それでもまだ自分が発達障害だと思った事もなければ、発達障害という言葉も知りませんでした。

 

バイト先の大学生やパートさんと話してるうちに、大学に進学したいと思い、美術系の予備校に通い始めました。

そこでも言われた事ができない上達しない、

先生に言われると頭が真っ白になってしまい手が止まってしまってパニックのまま進めて違う事してまた怒られる、

他の人ができることができない、あいかわらずコミュニケーションがとることが苦手など駄目な予備校生でした。

 

ある日書店で、【フリーズする脳ー思考が止まる、言葉に詰まる】という新書を見かけました。

その時の自分の駄目なことは鬱病のせいだと思い込んでいましたが、

鬱では説明できない自分の駄目な部分と近いことがその本に書いてありました。

その時初めて、鬱病以外に原因があるのでは?と思うようになり、

その後書店で【それって、大人のADHDかもしれません】を購入しました。

表紙に書いてあるADHDの特徴を見て、「あ、私これかも!」と目からうろこでした。

母親も私に感じていた違和感がこの本に載っていることと同じだと、謎が解決したようでした。

 

しかし、薬で少し症状が軽くなるんだ、通院したいなと喜んでいましたのもここまででした。

根本的な治療法はなく、治療薬は覚せい剤の成分であるアンフェタミンと近い

メチルフェニデートが成分という事もあり、

医者が滅茶苦茶な処方したせいで問題となり規制の対象となっていました。

その薬を処方できる病院は日本に数軒だけしかありません。

しかもそこには患者が殺到し、新規の患者の受付は決められた日時に電話だけです。

当日受話器の前で待機して時間になってかけてみましたが、混雑のためにつながらず、

しばらくしたら病院のホームページには、今月の新規の方の受付は終了しましたの文字が載っていました。

 

なんだよー治療法もなければ、対処療法の薬もだめなのか!

と自分の症状に投げやりになってしまい、相変わらず予備校では怒られて、逃げ癖がついていました。

視野が狭くなって、今更予備校を辞めて違う方向を考えることもできず、

先生には怒られて頭が真っ白になることも増えてきました。

描いていた絵から少し離れて先生の隣で指導を受けているとき、

とうとうパニックで脳貧血を起こして倒れました。

 

事務のソファーで横になっているとき、「あー もう無理だな…」とその後すぐ辞めて他の予備校に移り、

受験に合格して大学に進学しました。

大学では周りの理解もあり、美術大学ということもあったので、変わり者の私は特に問題もなく友達もできました。

辞めた予備校がすごく厳しいこともあり、180度逆の雰囲気の中でマイペースに過ごすことができました。

 

3年になってから、バイト先の人間関係でごたごたがあり、

過量服薬をして救急車を呼ばれ11月から3月まで精神科に任意入院をしました。

この時に精神的にめちゃくちゃになっていたせいで友達との距離が離れた気がします。

このときの診断は鬱状態であって、鬱病ではありませんでした。

 

私の今の状態は家庭環境や人間関係によるものである、

という診断で、発達障害でもなければ鬱病でもありませんでした。

その後退院、大学を卒業して就職しました。

このときが人生の中で一番ひどかったと思います。

 

泣きたくなるほどケアレスミスの連発、どんなに確認してもどこかでミスがでてきで、それでまた焦る、

呆れられるの繰り返し。

自分でも呆れるほど覚えられる事が覚えられない。

自分はもう病んでないし、大丈夫と思っていた事が、全く大丈夫ではありませんでした。

精神的な事を会社の上司に相談しました。

今まで自分だけがそう思っていましたが、その時初めて第三者に

私がアスペルガー症候群なのではないか?と言われました。

 

その後も他の人がそこそこのペースで上達することがうまくできない、コミュニケーションがとれない、

等々改めて調べてみて当てはまるなーと思う事が目立つようになり、色々あり会社を退職することになりました。

他の人と同じようには頑張ってもできないんだな、と思いました。

 

アスペルガー症候群の人は、何かがすごい得意だったり、

すごい集中力を発揮できるものがあったりするそうです。

美術大学を出て、物を作るのはすきだけど、

それだけで食べていくのは大変だからと他の人と同じように就職をしましたが、結局は駄目でした。

上司が手に職をつけた方が今後の為にも良いとアドバイスをしてくれたこともあり、

無理せずに自分が集中できて続けられる美術の方を頑張ろうと決意しました。

 

出来の悪い健常者なのか、アスペルガーと診断を受けて自分の欠点に納得できるかわかりませんが、

無理して周りに合わせたり、普通に振舞おうと無理をする今のままでは

自分にとってプラスになることはないと思います。

今後は発達障害を見てくれる病院で相談をしてみるつもりです。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL