私のパートナーの実体験

私はアスペルガーのパートナーと付き合って8年になります。

彼と付き合った当初の1年間は、彼自身も、私もアスペルガーだと気付いていませんでした。

 

1年ほどたって、彼が急にアスペルガーの本を持ってきて、私に読むように言いました。

しかし私はなんのことだかわからず読もうとしませんでした。

はじめの3年ほどは「無知」によってお互いが苦しむことになります。

 

アスペルガーと検索すると書いてあることの99%は彼に当てはまります。

またそれによって社会生活も不便で、一緒に買い物、旅行、同じ目的にものが楽しめずにいました。

 

他にも問題はたくさんあります。

現在は、私も彼もどちらかが特別な生き物というわけでなく、

お互い対等な関係という上に、理解し合うことで

最初の3年間の不便や問題を乗り越えることが出来ました。

それは一つ一つが壮絶な話です。

 

アスペルガーの特性の一つに、「目的意識が強い」ということがあります。

例えば、彼と映画を見に行く約束をします。

駅で午後1時に待ち合わせしますが、私はほんの2分ほど遅れて着いてしまいました。

到着して、ごめんね、準備に時間がかかって、と謝るも、彼はすごい剣幕で怒ります。

たった2分の遅刻でここまで怒るかなというほどの過剰な怒り方です。

一方彼はいつも待ち合わせの5分か10分前には必ず着いていて余裕を持って待っています。

 

それから、映画館に向かう道の途中で可愛い雑貨屋さんがあり、私はアクセサリーに目を奪われます。

ちょっとだけ、と言ってほんの1~3分の寄り道ですが、彼はこれも機嫌が悪くなります。

彼の機嫌があまりにも悪いので買おうかなと思ったアクセサリーはいつも買えずじまいになります。

 

映画館に着きました。

映画を見ている間、彼はまるで一人で来たかのようにストーリーを楽しんでいます。

それはまるで私などここにはいないかのようです。

私はとても孤独になります。

 

彼の脳内はこうです。

映画を観る、と決めたら、ただ映画を観ればそれでいいんです。

万が一、私が帰ると言っても最後まで見続けます。

悪気は全くありません。

むしろ彼にとってはそうしなければいけないのです。

まるでそう決めたプログラムを遂行しなくてはいけないみたいに。

 

待ち合わせが1時なら、きっかり1時にこないと、彼の脳内は予定していなかった事でパニックになります。

想定していないことが起こるとどうしていいかわからなくなるからです。

 

さて、彼との問題はこの他にもたくさんあるのですが、

このことについて8年たった私達の乗り越え方はこうです。

まず私は彼の思考に歩み寄りました。

アスペルガーの特性、行動を知り、完全ではないが理解する気持ちがあると十分説明した上で

(それも一筋縄ではいきませんでしたが)

私も大変なので一方的ではなくあなたも私の行動を理解しようと努力して歩み寄って欲しいとお願いしました。

 

準備に時間のかかる私は遅刻する事が多く、その理由を思ん計ってほしい、

またなかなか買い物に行けない私は衝動買いでもしないとアクセサリーをゲットできない、

など理由も含めて丁寧に説明する事で、

何か起こった時の「その理由」を含めて二人で共有するようにしました。

 

また「今日の一番の目的は私達が仲良く過ごすことだよ」と「2番の目的が映画を観ること、

でも、何か見れないような出来事があったら観なくてもいいんだよ」と。

彼は多少は混乱しますが、前もってそう言っておく事で、まくしたてて怒ることはほとんどなくなりました。

ほとんど、ですが・・・。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL