発達障害を持つ人のマナー

アスペルガー症候群を持つ人は、社会性やコミュニケーションの特性から

人間関係でもめることもしばしあります。

そこでマナーを覚えましょう。

会話についてのポイントを何点か取り上げます。

 

 

話したいという気持ちを抑えて下さい。

相手の話を最後まで聞きましょう。

いきなり難しいことですが、相手がはなしているときに遮られると不快に思う人もいるからです。

 

 

声の大きさは相手の人や周りの状況に合わせて話しましょう。

発達障者でも多いことですが、静かにしないといけない状況下で大きな声で

ついつい話してしまい周りから注意されてからでは遅いのです。

 

 

丁寧なことば使いをしましょう。

アスペルガー症候群を持つ人でなくても、

丁寧なことば使いは相手だけでなく周りも気持ちよく聞くことができます。

 

 

話しているひとに顔を向けることが大事です。

時々相手の瞳をじーとみて話しを聞いているらしいので目力があるといわれることがあります。

相手の首あたりをみると良いのかも知れません。

 

 

次に挨拶についてです。

出社と退社のときはあいさつをしましょう。

挨拶のタイミングがわからないといことで出来ない人が多い傾向にあります。

実際にあった事例なのですが、いつ帰ったのと携帯電話にかかってきたときがあったそうです。

言われてみれば当たり前のことです。

マナーとして覚え実践することで失敗が少なくなると思います。

 

 

あいさつは自分から先にしましょう。

特に目上の人に対しては挨拶は、自ら先にすべきことだと思います。

会釈であいさつのかわりになることも時としてあります。

知り合いや親しいお客さんをみたときは笑顔で会釈すればいいのかも知れません。

 

 

仕事がきつくて手伝っていただきたいときのマナーです。

周りに仕事などを頼むときに必要なマナーについて考えてみましょう。

相手の都合を聞くことが一番大切です。

意外と簡単そうに見えて難しい。

何故か考えてみると発達障害者は、周りの状況を把握することが苦手なひとが多いからです。

例えば「いつ聞いたらいいの」「どんな言い方で聞けばいいの」などタイミングを見計らうことが苦手な人もいます。

 

対策としては、相手の忙しいとき、仕事中は避ける。

「○○をお願いできますか」のフレーズを覚える。

都合を聞いて相手に仕事をしていただいたらお礼をきちんと述べる。

何をしてほしいのか整理して、きちんとお願い事をするなどでしょうか。

 

発達障害者でなくても忙しいときに声をかけて怒られた経験もいっぱいあります。

周りの状況を把握する方法を身につけましょう。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL