不登校に原因ともなるアスペルガー症候群

子供の不登校というのは

親にとって深刻な問題です。

どうにかして普通に学校に通ってもらいたいところですが、

それには不登校の原因をしっかりと把握しなければなりません。

 

いたずらにただ学校に行けと言うのでは

何ら解決することは無いのです。

ただ悩みを抱えていたりして学校に行きたくないということであれば

比較的解決するのは容易ですが、

それが何らかの発達障害によるものだとなかなか大変です。

 

そんな発達障害の一つにアスペルガー症候群があります。

この発達障害の厄介なところは専門家でも

その診断が難しいところにあります。

症状として挙げられるものはいくつかありますが、

簡単に言えば人の気持ちに共感することが難しく、

いわゆる空気を読むということが出来ないのです。

その為、対人関係がうまくいかないことが多く、

それが不登校へと繋がってしまう場合が多いのです。

 

とはいえ、とても判断基準が難しい病気ですので

もしかしたらと疑いを持っても決めつけてしまうのは避けるべきでしょう。

実際にそうだと認定されるまでにはいくつもの検査項目があります。

似たような症状があっても違っていたなんていうことも珍しく無いのです。

 

しかし、もし本当にアスペルガー症候群であれば

早期に発見して改善を行なうことが大切です。

その為にも、もし自分の子供にいくつかの

アスペルガー症候群らしい症状が見られたら

専門医の診断を受けるようにすると良いでしょう。

あくまでも素人判断はしないことが懸命です。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL