アスペルガー症候群と統合失調症

アスペルガー症候群は、発達障害の一種です。

知的障害のない自閉症とよく言われ、

とくに広汎性発達障害のひとつとされます。

 

広汎性発達障害は、コミュニケーション能力や社会性の獲得が

上手くいかないような発達障害のことを言います。

このような広汎性発達障害を含めた、様々な自閉症の度合いを

自閉症スペクトラムと呼びます。

自閉スペクトラム症とは書きません。

 

自閉症スペクトラムの考え方の基本は、

人の自閉症の度合いは1か0で表せるものではないというものです。

スペクトラムとは連続体、という意味なのです。

そのため、どこからどこまでが正常か、明確な線引きはとても難しいとされています。

 

アスペルガー症候群の症状は、主に、

コミュニケーションの取り方が他の人のように上手くいかない、

相手の気持ちを理解できない、特定の刺激に敏感、などがあります。

人と目を合わせることが苦手であったり、友達が作れなかったりします。

 

また、一つの物事にこだわりを見せることがあります。

その他には特異的な感覚を持っており、

突然の大きな音などが苦手であったりします。

これらは自閉症スペクトラムにまま見られる症状ですが、

アスペルガー症候群では、知的障害が無いことが特徴となります。

そのため、なかなか発達障害であると気付かれにくいです。

 

この症候群とよく誤診されやすいものに、統合失調症があります。

統合失調症は精神疾患のひとつで、幻覚や幻聴などがある病気です。

統合失調症の場合、それらの症状のため他の人とのコミュニケーションが取れなくなり、

結果としてアスペルガー症候群のように孤立することがあります。

また、表情に乏しくなる点も、感動をどのように表出したらよいのか分からない点も似ているのです。

 

アスペルガー症候群は身近な発達障害です。

しかし十分な支援を行うことで、本人も周囲もより良い生活を送るようになれるのです。

もしお子さんが自閉症スペクトラムではないかと思ったら、

医療機関に相談することも必要かもしれません。

 

自閉スペクトラム症ではなく、正しくは自閉症スペクトラムです。


アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル




広汎性発達障害 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL